--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
▼おひとつよろしくお願い致します▼
人気ブログランキングブログランキング・にほんブログ村へFC2ブログランキングへ

2012.11.17

【レビュー】エヴァンゲリオン新劇場版Q 何故PVでは何も語られなかったのか。その意味を理解する2時間。

 
『中身の知れた推理小説ほどつまらない小説はない。
 だが推理できない推理小説は、もはや小説ですらない』


※ 僕の感想は解読本などを一切読んだことのない人間の感想です。
※ いろいろピントずれてる可能性大なので悪しからず。


美しい作画に魅せられ続編に期待を寄せた『序』。
シンジの男らしい一面に新たなるエヴァを見た『破』。

そして今回、新劇場版3部作目のQを見終わってまず感じたことは、
正直『何がどうなったのかよく分からない』というものでした。

しかしこの捉え方は、あながち間違っていないのだと思います。

というのも新劇場版QのPVは鍵盤と音楽だけで、
実際の映像やキーワードなどは一切公開されませんでした。

今回のテーマのひとつとして、シンジと同じ立場で、
『エヴァの世界にシンクロして欲しい』という想いがあったのかもしれません。

故に僕たちは何の前情報も無いままに新劇場版をみることになり、
そしてこれは『何も知らされていない』劇中のシンジと
同じ気持ちを抱かせるには十分な演出でした。
この辺の感覚は是非劇場に足を運んで体験して欲しいと思います。

とはいえ、ある程度エヴァに関する知識が無いと本当に訳がわかりません。
QBではありませんが『訳が分からないよ』状態になると思います。
公式サイトでは予告として少し映像が公開されていますが、
こちらは見ておいても問題ないでしょう。
また簡単で良いので創世記について知っておいた方が良いでしょう。

時間が許すならば解読本のようなものも見ておいた方が良いかもしれません。
僕は読んでいないのですが、もしこういう本を読んでいたのならば、
恐らく今の僕とは違う感想を抱くことになるのではないでしょうか。

良くも悪くもいつも通りのエヴァンゲリオンだったように思います。
以上ネタバレしない程度の感想でした。

(画像クリックで公式サイトへ)

EVA_Q



追記:
相変わらず赤眼鏡ちゃんは好きになれませんでした。
そして僕に眼帯女の子萌え属性は無かったようです。
 

関連記事
▼おひとつよろしくお願い致します▼
人気ブログランキングブログランキング・にほんブログ村へFC2ブログランキングへ

この記事へのトラックバックURL
http://wscarlet.blog41.fc2.com/tb.php/88-5107f39a
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。