--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
▼おひとつよろしくお願い致します▼
人気ブログランキングブログランキング・にほんブログ村へFC2ブログランキングへ

2011.05.15

魔法少女おりこ☆マギカ

僭越ながら感想を。

魔法少女おりこ☆マギカ (1) (まんがタイムKRコミックス フォワードシリーズ)魔法少女おりこ☆マギカ (1) (まんがタイムKRコミックス フォワードシリーズ)
(2011/05/12)
原案:Magica Quartet、漫画:ムラ黒江 他

商品詳細を見る


※以下ネタばれ注意なのです!(世界観は・・・見ても大丈夫かも)


まず簡単に世界観を見てみようと思う。

おりこマギカのほうは既存キャラクターとして
あんこ、まみさん、そしてほむほむが魔法少女として登場する。

しかしまどかは魔法少女になってないようで、且つ元気がいい頃のまどか。
でもってほむほむとまどかはお友達な模様(初期ほむほむとまどかの様な雰囲気)。
また、まどかが存在するということで、未だ魔女が存在する世界であることは確実。

マミさんとまどかもどうやら出会っていないようだが
ほむほむとは魔法少女同士として知り合いのようだ。
仲は険悪・・・ではないが決して仲良しでもない感じか。

まとめるとアニメとは全く別の時間軸であるように思う。
というか時間の開始地点がアニメよりももっと前の地点なのかもしれない。
第2巻以降を読んでいかないとはっきりとは言えないが。



さてストーリーの方は主人公がおりこ・・・というよりかはあんこ。
あんこがゆまという少女と出会うことで物語は進んでいく。

おりこはなんだか悪役のように見えるけど(というか悪役?)
その行動の目的は見滝原市における未来の惨劇を防ぐためであろうことが予想される。
(これは第1巻の冒頭におけるQBとのやりとりより)

冒頭の未来の惨劇でビルが飛び交っていたりする場面が描写されているため
(またこれをおりこは「誰にも倒せない」といっている)
これを仮にワルプルギスの夜であると推定する。
そしておりこは魔法少女狩りということを行っていることから
ワルプルギスの夜の元凶となった魔法少女を狩ろうとしているのかもしれない。
(元凶のソウルジェムを破壊すればワルプルギスの夜は来ない・・・?)

そう考えるとおりこを一概に悪役だと言い切ることはできない。

また、その惨劇に何らかの影響を与える因子として、少女ゆまが見出された。
故にゆまを中心に、そして魔法少女狩りという事件を中心として
あんこやマミさん、ほむほむが関わってくるのだろう。

正直、あんこファンにはたまらない作品なのではないかと思う(笑



絵の方は・・・決して悪くはないんだけど、好みが分かれると思う。
初見としては、キャラの感情と表情がミスマッチな箇所がいくつか見られた。
やけに絶望的な暗い表情が多い気がしましたです。

絵が描けないので大きな口は叩けませんがね(笑



で、1巻のラストはマミさんがまたおそわれ(ry
またマミったりしたらもうどうしようもないなこれw
第2巻始まって早々マミさんが逝ってしまわないことを願いつつ
締めの言葉とさせていただきます。
 
関連記事
▼おひとつよろしくお願い致します▼
人気ブログランキングブログランキング・にほんブログ村へFC2ブログランキングへ

この記事へのトラックバックURL
http://wscarlet.blog41.fc2.com/tb.php/36-cea056b9
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。