--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
▼おひとつよろしくお願い致します▼
人気ブログランキングブログランキング・にほんブログ村へFC2ブログランキングへ

2012.12.24

【レビュー】ヒミツのオトメ ~ボクが女の子になった理由~【Etoiles】


『あと一歩踏み込んでほしい作品』

おはようございます。
早速ですが、朝っぱらから下の話です。

本日レビューするのは、先月末に『Etoiles』よりリリースされた、
『ヒミツのオトメ ~ボクが女の子になった理由~』という作品です。
僕と同じように「抜きゲーか…」と思って敬遠した人もいそうですが、
公式を見れば分かるように実はまっとうな(?)エロゲ―です。

そんなこんなで『ヒミツのオトメ』のレビューをひとつ。
決して悪くはないものの、いろいろと惜しい作品だったように思います。
とはいえ、名作すら積みゲーと化す僕が最後までプレイしたということは、
何だかんだ言って楽しめた作品だったということなのでしょうね。

ヒミツのオトメ ~ボクが女の子になった理由~ 公式サイト

(画像クリックでAmazon商品詳細ページへ)

ヒミツのオトメ ボクが女の子になった理由 レビュー

ヒミツのオトメ ~ボクが女の子になった理由~
ブランド:Etoilse(エトワルズ)
ジャンル:女装潜入学園恋愛ADV
シナリオ:きーたん/保桜/科(しな)
原画  :雨音 颯


オープニングムービーはこちら。



シナリオを要約すると…


幼い頃より度々妹に女装を強いられてきた主人公、夏月(かずき)。
いつも通り女装して妹に引っ張り回されていた、そんなある日のこと。
偶然助け出してしまった少女・九条香音にボディーガードを頼まれてしまう。
しかもその先に待ち受けるは「恋愛禁止令」たる規則があるお嬢様学園だった。

女の子たちに翻弄されつつも格好いいお姉様として人気を博していくナツキ。
ボディーガードとしての役目も順調にこなし、学園生活にも慣れてきたころ、
香音と街で歩いていたことが「恋愛禁止令」に違反していると罰則が下される。
そんな「恋愛禁止令」への違和感を隠しきれないナツキに、
生徒で唯一規則を変えられる"生徒会長"へと立候補する機会が巡ってきて…?



と、このようなシナリオとなっています。

女装主人公作品はまず『主人公が可愛いかどうか』がひとつの論点だと思います。
恐らくこのことは開発側も分かっているのでしょう。
主人公の表情を常に表示する『対話システム』と言うものを取り入れており、
主人公ナツキのコロコロと変わる表情を楽しめるため愛着が沸きます。

しかし、残念なことに、そこに使われる立ち絵が可愛くないのです。
肝心の主人公の立ち絵だと言うのに、ヒロインとの差別化のためか、
わざと可愛さを落としている…むしろ手抜きしているようにすら見えます。

僕はまずここで購入をためらったのですが、皆さんはどうなのでしょうか。
1枚絵の方は普通に可愛いんです。これはお間違えのないよう。

また、学園では格好いいお姉さまとしての立ち位置が確立されており、
この辺は女の子にはない女装主人公ならではの点で好感が持てました。

ヒミツのオトメ ボクが女の子になった理由 レビュー


以下、各ヒロインのキャラクター像と各ルートのさわりを、
私的な意見を交えつつ簡潔にご紹介します。


香音(かのん)は学園のトラブルメーカー的な女の子で、
自分のボディーガードにするほど"ナツキお姉さま"に一途な少女です。

彼女の一途さは言葉や態度の節々に表れています。
助けてもらうたびに恍惚とした表情でつぶやく「お姉さま、素敵すぎます…」や、
ナツキと仲良くする他の女の子に対抗心を燃やすなど、可愛らしさは満点です。
自らトラブル体質を改善しようとひたむきに頑張る努力家な一面もあります。
努力家な一面はちょっと方向性を間違った…エロ方面へも発展し、
その結果お部屋が大変なことになるのですが、それはまた別の機会に。

このルートではナツキが生徒会長、香音は副会長としてサポートに回ります。
二人のラブラブな"百合カップル"は校内認定のベストカップルとなるのですが、
女装主人公もの特有の問題点が二人を襲い、主人公は退学へ追い込まれます。
一時は二人の気持ちと行動にズレが生じてどうなることかと心配しましたが、
努力家な香音の"諦めない姿勢"は顕在で、そこは期待していいでしょう。

少しずつ性の知識を覚え、調教もとい成長していく香音をお見逃しなく(笑

ヒミツのオトメ ボクが女の子になった理由 レビュー


次にあげはですが、彼女には入学早々にして性別がばれてしまいます。

それ故にSっぽいあげはに呼び出されたり連れまわされたりします。
しかし付き合いだした途端に本来のMっぽい属性が解放され、
普段の高飛車お嬢様な雰囲気とのギャップは最高の萌えポイントでした。

このルートでもナツキが会長、あげはが副会長となります。
ニーナ(前生徒会長)派の生徒からのいやがらせにも負けず、
学園をより良くしていこうとする二人の頑張りに生徒も答え始めたある日。
ナツキが学園に通えなくなるかもしれないという事件が発生します。
何も行動しないままに仕方がないことだと諦めかけるナツキとあげは。
しかし友人たちに助けられ、お互いに刺激しつつ困難に立ち向かい、
ちょっと無茶苦茶ながらも意思を貫き通す二人の行動は見物です。

ただしあげはの男装は…ちょっと求めているものと違ったかも?(笑

ヒミツのオトメ ボクが女の子になった理由 レビュー


3人目は雅(みやび)です。

第一印象はちょっと生意気な感じであまり好きではありませんでした。
しかし男性が近づくとすぐにテンパったり鼻血を吹きだしたりする体質ゆえに、
そんな印象はすぐに吹き飛び、逆に面白い子だと意見を改めた覚えがあります。
実力主義かつ真面目な彼女は生徒会長へも立候補します。
争う中でナツキが男性ではないかと疑って色々と仕掛けてくるのですが、
ことごとく失敗して逆に自分に災難が降りかかる雅ちゃん可愛いです。

雅ルートではニーナが引き続き生徒会長となります。
故に「恋愛禁止令」も継続され、二人の前にその規則が立ちはだかるのですが、
ナツキは自分を盾に雅を守り、雅はナツキのために学園を変えようと努力する。
そんな二人の強い想いが学園の生徒たちを、そしてニーナを変えていく。
二人の熱意に押されて一番熱くなれたルートだったように思います。

愛に目覚めた雅が、真面目に愛の道を突っ走る姿は本当微笑ましいです(笑ヒミツのオトメ ボクが女の子になった理由 レビュー

 
最後に会長さんことニーナですね。

共通ルートでは出番が少なかったこともあり、
ニーナはなかなか性格を掴み切れないキャラだったように思います。
個別ルートに入ってようやく家庭的な女の子としての一面や、
全然お嬢様っぽくない無邪気で元気な本当のニーナを見ることができます。
とある諸事情からニーナはナツキの家に居候することになり、
結果ナツキとカヅキの二重生活を強いられるあたりは面白いです。
しかし欲を言えば会長とナツキの絡みが見たかったかなと。

ニーナルートではもちろんニーナが会長となります。
雅ルート同様にニーナ自身が掲げた「恋愛禁止令」が仇となるのですが、
それをどう解決していくのか…というところが話の肝でしょう。
これは是非実際にプレイしてナツキの雄姿を見届けてほしいところです。

なお、匂いフェチな会長さん、エッチは結構激しいみたいです(笑

ヒミツのオトメ ボクが女の子になった理由 レビュー


以上が各ルートの概要となります。

それでは最後にシナリオに関する総括をひとつ。
批判的な内容となりますので、この作品が好きな方は飛ばしてくださいませ。

シナリオの流れ自体は概要をつまんでみても悪くないと感じます。
しかし残念なことに、ライターさんの文章・構成力に少々難点が。
文学作品である以上、結果ではなくその過程を文字にしなければなりません。

そうであるにもかかわらず、この『ヒミツのオトメ』は、
その"過程"の部分があまりにも疎かであると感じずにはいられません。
ことに至った理由や伏線、更に雰囲気作りが考えられていないためか、
あらゆる事象が唐突に起こったことのように感じてしまいます。

特にニーナルートのラストはそれが顕著でした。
結果だけを淡々と述べるという実験レポートのような書き方だったように思います。

僕も全ての過程をこと細かく、矛盾なく書けと言っているわけではありません。
冗長になりそうな部分はカットして頂いたほうが僕も読みやすいと思いますので。
但しガッツリ書くところはガッツリ書いて、そうでないところは飛ばす。
そういうメリハリがある書き方がいいという意味であって、
話のまとまりの一部を少しずつ取り上げて書き連ねるような、
浅く広い書き方が僕にはイマイチ受け入れがたかったという感じでした。

と、物書きでもないのに偉そうなことを言ってしまい申し訳ないのですが、
お金を支払う以上はもう少し頑張ってほしいなという願いを込めて。

ヒミツのオトメ ボクが女の子になった理由 レビュー


最後の最後で偉そうに辛口意見などしてしまいましたが、
全体的には思っていたよりエロく、軽い読み物として楽しめたように思います。
何よりも女装主人公というだけでご飯3杯はいけるので、その時点で良です(笑

特に僕みたいに女装主人公を愛して止まない人種や、
明るくライトな作品が好きな方ならば、そこそこ幸せになれるかも?
但し定価で購入するのはちょっともったいない気がしますので、
購入するなら中古や割引である程度安くなってからの方が良いと思います。

また、咲月ルートが無かったのはもちろん残念ですが、
由香が予想以上に可愛かったので、ファンディスクが出るなら是非両名を。
(このブランドはFD出さないみたいなので望み薄ですが…)

プレイ時間は正確には分かりませんが、共通・個別ともに5時間くらいでしょうか。
個別に入ってからのシナリオ部分とHシーンとの比率は五分五分な感じです。

ちなみにキャラクター人気投票をやっているようです。
僕は悩んだ挙句、雅ちゃんに入れてきました。
皆さんは誰に投票するのでしょうか。結果が気になるところです。

ヒミツのオトメ キャラクター人気投票
▲「スペシャル」のところが投票用のページになっています▲

なお、現在は『ヒメゴト・マスカレイド』をプレイ中。
もちろん女装男子が主人公の学園潜入ものアドベンチャーです。
育成ゲームにも似た"シミュレーションっぽい"システムが案外面白く、
変態気味にぶっ飛んだ主人公やヒロインの可愛さも相まってwktkが止まりません。
こちらも(積みゲーにならなければ)攻略次第レビューさせていただきます。

それでは今日はこの辺で。
未来あるクリスマスイブになることを願いつつ。

ヒミツのオトメ ~ボクが女の子になった理由~
ブランド:Etoilse(エトワルズ)
ジャンル:女装潜入学園恋愛ADV
シナリオ:きーたん/保桜/科(しな)
原画  :雨音 颯


ヒメゴト・マスカレイド ~お嬢様たちの戯れ~
ブランド:エスクード
ジャンル:お嬢様をHに開発するADV
シナリオ:にゃこ/うたや
原画  :みけおう


▼オススメ関連作品▼
ruitomo_pack.jpgNaval_Tsukiotsu_00.jpgensemble_otokoi_minimg.jpg
関連記事
▼おひとつよろしくお願い致します▼
人気ブログランキングブログランキング・にほんブログ村へFC2ブログランキングへ

この記事へのトラックバックURL
http://wscarlet.blog41.fc2.com/tb.php/127-e09fcee2
この記事へのトラックバック
『百合なのに薔薇…孔明の罠』 新年あけましておめでとうございます。 今年もよろしくお願いいたします。 と言っておきながらイマイチ新年な実感がありませんが。 やるやる詐欺...
【おと☆娘 VOL.9】男の娘率100%…この感情は何だろう | 放浪天使はどこへゆく。 -2次探索系日録- at 2013.01.01 06:59
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。